圧倒的効果!利尻ヘアカラーvsドラッグストア白髪染め

利尻ヘアカラーがドラッグストアの白髪染めより人気の理由

siraga.jpg
 
button2_3.jpg




白髪が目立つようになる、
平均的な年齢は、
女性では30歳代の後半。


美容院で白髪染めをするにしても、
次に美容院に行くまでの間に、
約1ヶ月はあります。


その間、白髪も伸びます。


1ヶ月で伸びるのは、約1cm。


伸びた白髪をそのままにしておくのは、
恥ずかしいと感じる長さ。


その白髪を、自宅で染めるのに、
最近、人気が出ているのが、利尻ヘアカラーです。

 

ドラッグストアの白髪染めの成分は臭い?

shiragasome_2.jpg


ドラッグストアで簡単に手に入る白髪染め。


美容院で、白髪染めをする時ほど、
ツンとしたニオイはしません。


アルカリ剤がメインだからです。


美容院では、
髪や皮膚へのダメージを抑えるために、
自然に蒸発する、アンモニア水を使っています。


市販の白髪染めは、
アルカリ剤がメインになっているため、
ニオイは、多少、抑えられています。


ただし、アルカリ剤は、
髪や皮膚に残りやすいのが、特徴です。

 

ドラッグストアの白髪染めの成分でアレルギー反応!

shiragasome.jpg


ドラッグストアの白髪染めには、
化学物質が、大量に使われています。


中心的な成分が、パラフェニレンジアミンです。


パラフェニレンジアミンは、
酸化染毛剤の主成分です。


発色が良く、色が髪につきやすい事から、
ドラッグストアの白髪染めには、
非常によく使われています。


しかし、パラフェニレンジアミンは、
アレルギーを引き起こしやすい成分です。


東北労災病院の調査では、
テストを行った人の約75%に、
アレルギー反応
が出ています。


パラフェニレンジアミンによる、
アナフィラキシーの症状は、激しい呼吸困難です。


舌・喉・首がむくみ、呼吸困難を引き起こします。

 

ドラッグストアの白髪染めの成分に発がん性!?

shiraga_26.jpg


ドラッグストアの白髪染めの成分には、
発がん性が認められるものが、
多いことが、明らかにされています。


市販されている24種類の白髪染めに対して、
実験が行われたことがあります。


バクテリアを使った、突然変異の実験です。


バクテリアが、
突然変異を起こした白髪染めは、
24種類のうち、18種類。

75%に上ります。

この調査結果を受けて、
ドラッグストアの白髪染めには、
発がん性が認められると、指摘されています。

 

ドラッグストアの白髪染めは農薬の××倍の毒性

shiraga_25.jpg


また、日本血液学会は、
白髪染めの使用と再生不良性貧血の発症には、
関係があると、指摘しています。


ちなみに、
ドラッグストアの白髪染めに使われている、
化学物質の毒性は、
農薬の約140倍に相当
するとされています。

 

利尻ヘアカラーに毒性はあるのか?

riziri.jpg



白髪を目立たなくして、若々しくありたい。


それとともに、将来的に、
健康でありたい。


化学物質の毒性に、敏感な女性の間で、
注目が集まっているのが、
利尻ヘアカラートリートメントです。


利尻ヘアカラートリートメントは、
クロリド系の刺激の強い化学染料は、
使っていません。


また、刺激性界面活性剤、
シリコン、防腐剤、酸化防止剤、
金属封鎖剤、安定剤などを、
まったく使っていません。


頭皮を通して、毒が体内に入り、
蓄積される心配が、ありません。


利尻ヘアカラートリートメントは、
主な染料も、トリートメント成分も、
天然由来です。

ドラッグストアの白髪染めでかぶれた人も、
安心して使えるのが、
利尻ヘアカラートリートメントです

↓ ↓ ↓

利尻ヘアカラートリートメントの詳細を見る